【真実】ミノキシジルの副作用『多毛症』のすべて※症状画像あり

発毛剤ミノキシジルを使用するうえで知っておきたい「多毛症」という副作用についてまとめています。
MENU

ミノキシジルの副作用「多毛症」ってなに?

多毛症

 

日本でも唯一の発毛剤として認可されている医薬品ミノキシジル。薄毛外来やAGAクリニックなどでも薄毛治療のために使われており、市販薬としても日本ではリアップとして発売されています。

 

しかし、そんな薄毛改善に役立つミノキシジルにも副作用のデメリットがあり、その一つに多毛症というものがあります。多毛症とは読んで字のごとく「毛が多くなる症状」であり、髪の毛だけでなく体毛や髭、眉毛など全身の毛が濃くなるというものです。

なぜ多毛症になるの?原因メカニズムは?

血管拡張作用

ミノキシジルには血管拡張作用があり、使用すると一時的に血流が上がります。

 

そのため毛細血管など隅々まで栄養素や酸素が行き渡るようになり、髪の毛を含む体毛すべての毛根の成長が促進されるというわけです。

 

ミノキシジルが薄毛治療に用いられる背景

ミノキシジルはもともとは高血圧の患者さん向けに血圧を下げるお薬として投与されていたもので、患者さんに多毛症の副作用が出たことから、薄毛治療にも応用できるのでは?ということで開発されたお薬なんですね。

 

そもそも多毛症をヒントに開発されたお薬なので、髪も体毛も区別なく全身の「毛」が濃くなるというわけです。

タイプによって異なる多毛症リスク

ミノキシジルには実は大きく分けて2種類のタイプがあり、一つはリアップのような頭皮に直接塗布する外用薬タイプのもの。そしてもう一つは、タブレット型の錠剤で飲み込んで体の内側から作用する経口薬タイプのものです。

 

どちらのタイプでも多毛症の副作用は報告されていますが、頭皮に塗布する外用薬タイプのものは一般的に多毛症の症状は出にくいとされています。ほぼ症状が出ない人もいますし、症状が出た場合でも眉毛やまつ毛など、比較的頭皮に近い部分だけに現れるケースがほとんどです。

 

一方で、圧倒的に多毛症が出やすいのが経口薬タイプのミノキシジルです。ミノキシジルタブレット(通称ミノタブ)とも呼ばれますが、こちらは血中にミノキシジルの成分が入り込み全身に作用が行き渡るため、多毛症の症状が出やすいと言われています。

 

もちろんミノタブは多毛症の症状も出やすいですが、同時に外用薬タイプよりも髪の毛への発毛増毛効果も高いと言われています。このようにミノキシジルの場合、期待効果とリスクは比例していると考えましょう。

どの辺が濃くなるの?

多毛症の症状がでる場所は人ぞれぞれですが、一般的に一番多いのは顔周りですね。眉毛まつ毛鼻毛もみあげなどが濃くなる人が多いです。人によっては耳毛まで濃くなったと感じる人も。

 

あとは、腕毛手の甲指毛などが濃くなったと感じる人も多いですね。とくに、それほどもともと体毛が濃くなかった人の場合、指毛などは体の中では末端部分でもありそれほど気にしたことがなかったぶん、少し濃くなっただけで違和感を感じやすいのかもしれません。

 

もちろんこれ以外でも、太ももやスネ毛、足の指毛、陰毛、ケツ毛、などなど・・・濃くなったと感じるケースも全然あります。このあたりはやはり体質や個人差という部分が大きいので、実際に使用してみるまではわかりません。

薄毛芸能人も多毛症に悩んでいる

テレビで活躍する芸能人やタレントさんでも、一時は頭皮が透けてたり薄くなりかけてたのに、久しぶりに見てみるとあれ?髪の毛増えてる?なんてことありますよね?

 

これはすでに有名なお話ですが、ナイナイの岡村さんも一時期薄毛が進行していましたが、ミノキシジル服用で改善に成功した一人です。しかしそんな岡村さんも矢部さんとのラジオ番組のやりとりの中で、多毛症に悩まされたことをお話していました。

 

 

実際の対談音声はこちら↓


眉毛が我修院さんみたいw
ケツ毛ボーボー欧米スタイルw
ショーン・コネリーの方へ向かってる?w

 

多毛症で悩んでいる人の声

一般のミノキシジルまとはミノタブ使用者さんの中にも、多毛症の副作用を実感されている方は大勢いらっしゃいます。ネット上の口コミから一部ですが引用してご紹介します。

【真実】ミノキシジルの副作用『多毛症』のすべて※症状画像あり

私はもともとあまり体毛が濃くないのですが、ミノキシジルを飲んで3ヶ月程度から、手の甲の外側の毛が濃くなっている実感がありました。写真はミノキシジルを飲んで3~4ヶ月あたりだと思います。
引用:http://aga治療体験.com/


【真実】ミノキシジルの副作用『多毛症』のすべて※症状画像あり

僕ももともと体毛やヒゲは薄いほうではありますが、ミノタブを飲み始めてから若干は濃くなったような気もしてます。
引用:http://www.bikesinside.com/


【真実】ミノキシジルの副作用『多毛症』のすべて※症状画像あり

腕、手の甲、指の関節の間、耳たぶ、まつげ、足、足の甲、足の指の関節、背中、腰など、これらが全てが毛深くなりました。
引用:http://xn--nckuad2au4azb6dvd8fna0612p532a.com/archives/278


【真実】ミノキシジルの副作用『多毛症』のすべて※症状画像あり

以前は、こんな場所に毛は生えていませんでしたが、ミノタブを開始して3ヶ月程度してからどんどん生えてくるようになりました。
引用:http://xn--nckuad2au4azb6dvd8fna0612p532a.com/archives/88


【真実】ミノキシジルの副作用『多毛症』のすべて※症状画像あり

AGA治療をする前はこんなに指毛が長く生えてなかった。
引用:http://hagetekita.com/aga-tamoushou-2219


【真実】ミノキシジルの副作用『多毛症』のすべて※症状画像あり

引用:http://jefffsbeardboard.yuku.com/reply/279788/Frustrating-Growth-and-Minoxidil#.V7RNN5iLTIU


【真実】ミノキシジルの副作用『多毛症』のすべて※症状画像あり

引用:http://jefffsbeardboard.yuku.com/topic/15222#.V7RM45iLTIU


【真実】ミノキシジルの副作用『多毛症』のすべて※症状画像あり

引用:https://baldingblog.com/2010/04/08/thicker-body-hair-from-propecia-forehead-hair-from-minoxidil/



外用のミノキジシルを使用してみようとポラリスのNR-11を使用し始めて1週間たったのですが明らかに体毛が濃くなってきています
引用:http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/


私は元々毛深い方だったので大して気にならないのですが、体毛が薄い人はショックかもしれませんので覚悟して服用しましょう。
引用:http://www.osakado.org/


体毛がしっかりしてくる!毛深く無い人は飲むの良いと思う
引用:https://www.idrugstore.jp/


特に顔の毛…ヒゲの伸びる速さ、太さも以前とは明確に違うのと、今まで気にならなかったほっぺた周り(モミアゲ周り)の毛が特に煩わしく思います。そして我が事ながら、気持ち悪いです。
引用:http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/


体毛は濃くなるのですが、肝心な頭皮にもっと効果があればいいのですが
引用:https://www.idrugstore.jp/


体毛は驚くほど濃くなったのに肝心の毛髪は少し濃くなった程度。
引用:http://www.osakado.org/

 

 

薄くなっていた頭皮にも効果があるならまだしも、中には髪は増えないのに体毛ばかりが濃くなってきていることに悩んでいる方もいるようです。

 

発毛効果や副作用のレベルにもかなり個人差があることがわかりますね。

出てしまった多毛症は二度と元には戻らない?

多毛症改善

 

ミノキシジルの副作用である多毛症によって濃くなった髭や体毛は、使用を中止すれば徐々に元の濃さに戻っていきます。濃くなったら二度と戻らないということはないので、その点は安心してください。

 

実際に、もともと体毛が濃かったりコンプレックスを抱いている人は、ミノキシジルの多毛症で使用を中止する人もいます。つまり髪の毛の改善よりも体毛が濃いという悩みの方が大きくなるわけですね。

 

しかし、逆に考えてみてください。

 

ミノキシジルの使用を中止すれば多毛症が治るということは、ミノキシジルの恩恵によって増えた髪の毛ももとに戻ってしまうということです。

 

多毛症によって使用を断念する場合、最終的にはやはり、体毛を我慢してフサフサの髪を取るのか?髪を諦めて薄い体毛を取るのか?極端に言えばこの二択になるわけですね。

ミノキシジルは一生飲み続けないといけない?

要するに、髪の毛を維持しようと思えばミノキシジルは一生使用していくつもりで使い続けなくてはなりません。いわば特効薬のようなものなので、使用を止めれば多毛症もおさまるうえに髪の毛も元に戻ってしまいます。

 

ミノキシジルの使用中止によって薄毛に元通りになってしまう現象は、ダイエットしたにも関わらずリバウンドして元の体重に戻ってしまう現象とよく似ていることから薄毛リバウンドとも呼ばれています。

 

  • ちょっとくらい体毛が濃くなったって平気だぜ!
  • 髪の毛のためなら一生飲み続けてやるぜ!

 

こういう人もいると思いますが、ミノキシジルの副作用リスクはもちろん多毛症だけではありません。一生飲み続けるかどうかはそれぞれ各々の判断でもちろん結構とは思いますが、すべての副作用リスクを知ったうえで判断してからでも遅くはありません。

 

むしろ、多毛症よりも直接健康に影響を及ぼすような少し危険な副作用やリスクもあるので、どちらかというとそちらの方を重視して熟考したうえで判断することを強くおすすめします。

知っておきたい多毛症よりも危険なリスク

副作用

 

ミノキシジルには多毛症以外にも、様々な副作用が存在します。とくに経口薬タイプのミノタブの場合、中には循環器系に関係し人体に悪影響を与えるような深刻なケースもあるので、事前に必ず把握しておいてください。

多毛症の症状の有無にかかわらず、その他このような副作用も起こりうる可能性は十分にあります。そもそもミノキシジルは血管拡張作用があり、心臓や循環器系にも大きな負担を与える可能性も高いので、これら以外にも何かしらの異変を感じたらすぐに使用を中止し、医師に相談するようにしましょう。

 

ミノキシジルの使用を控えた方がいい人

また、もともとミノキシジルを使わない方がいいとされている人もいます。

  • 低血圧の人
  • 妊娠中、授乳中の女性
  • 常備薬を飲んでいる人
  • 循環器系の持病のある人

これらに当てはまる場合は、かならず自己判断ではなく専門医に相談したうえで処方してもらうことをおすすめします。何かあってからでは遅いですからね。たかが薄毛治療薬と思って甘く見ないようにしましょう。

遠回りでも安全に髪を増やすなら

最近では育毛剤(医薬品)以外でも、スカルプエッセンスと呼ばれる薄毛改善アイテムが人気です。ジャンルとしては医薬部外品や化粧品にあたり、市販で誰でも手軽に購入することが可能。

 

スカルプエッセンスの中には、医薬品であるミノキシジルの3倍もの育毛効果を持ち、かつ副作用が一切ないという非常に優秀なものまで!即効性には欠けますが、リスクなく安全に徐々の髪を増やしていきたい方はこちらを使用するといいでしょう。

 

スカルプエッセンス人気ランキングBEST3

FINJIA(フィンジア)の特徴

  • キャピキシル5%配合
  • ミノキシジル誘導体2%配合
  • カプサイシン配合
  • 30日間全額返金保証付き

価格 9,980円
評価 評価5
備考 リピーター続出!最強キャピキシル配合スカルプエッセンス
FINJIA(フィンジア)の総評

副作用が一切なく、あのミノキシジルの3倍もの育毛効果があると言われるキャピキシルを業界最高濃度の5%配合。さらに、ミノキシジル誘導体であるピディオキシジルも2%配合。さらにカプサイシン配合で有効成分が髪の根本まで届くから効果実感率高!

CHAP UP(チャップアップ)の特徴

  • 44種類の有効成分配合配合
  • 育毛サプリとセット
  • 30日間全額返金保証付き

価格 9,090円
評価 評価4
備考 医薬部外品のスカルプエッセンス
CHAP UP(チャップアップ)の総評

育毛に役立つ有効成分が44種類も配合されている医薬部外品。キャピキシルは配合されていないのでその分のデメリットを差し引いても、育毛サプリとセットで購入できるので、内側と外側両方からのアプローチが期待できる人気のスカルプエッセンス。

ポリピュアEXの特徴

  • モンドセレクション金賞受賞
  • バイオポリリン酸配合
  • 45日間全額返金保証付き

価格 6,800円
評価 評価3
備考 ロングセラーの定番スカルプエッセンス
ポリピュアEXの総評

楽天ランキングでも常に上位に来ている定番の人気スカルプエッセンス。大容量で一本で2ヶ月もつのも人気の理由の一つ。根強いファンからの支持を受けているが、やはりキャピキシルが登場した今、効果を比べるとその差は大きい。

リスクを承知でミノキシジルを試したい人は

多毛症やその他副作用のリスクを承知のうえで、それでもミノキシジルを使いたいという方はこちらをおすすめします。

 

(Lloyd)ミノキシジルタブレット2.5mg(MinoxidilTablets)

 

ミノキシジルタブレットなので外用薬タイプよりも副作用リスクは高いですが、その分期待効果も高いです。

 

通常は5mgや10mgが多い中、これは濃度が2.5mgと軽めなので比較的副作用リスクも軽減されます。5mgや10mg濃度を試したいという人は慣れてきてから段階を踏んで上げていくといいでしょう。

更新履歴
このページの先頭へ